ほとんどの場合 アルミボックスメーカーにとって、表面の問題による再製造の時間コストとコストが非常に高いため、表面の損傷は厄介なものです。 次に、アルミ筐体で問題が発生する理由と解決策について説明します。

破損の原因

インゴット表面に不純物が付着したり、インゴット成分の偏析(結晶化時に合金中の構成元素が偏在する現象を偏析といいます)があります。

インゴットの表面に偏析した浮遊物が多数存在し、インゴットが均質化されていないか、均質化処理の効果が良くない場合。

押出プロセス中に金属が作業ベルトを通って流れるとき、インゴットには一定量の硬質金属粒子があります。

これらの偏析浮きや硬質金属粒子が作業ベルトの表面に付着したり、作業ベルトに損傷を与えたり、プロファイルの表面に傷を付けたりします。

放電トラックまたはスイング ベッドのグラファイト ストリップには地金または硬い介在物があり、プロファイルと接触するとプロファイルの表面を傷つけます。

金型のキャビティまたは作業ベルトにさまざまな物があり、金型の作業ベルトの硬度が低いため、押出中に作業ベルトの表面が損傷し、プロファイルに傷がつきます。

フォークバーがプロファイルを排出トラックからスイングベッドに送るとき、速度が速すぎるためにプロファイルが損傷します。

ソリューション

インゴットの品質管理を強化します。

金型修理の品質を向上させ、金型は定期的に窒化され、窒化プロセスは厳密に実施されます。

制作中は慎重に取り扱う必要があり、プロファイルを自由にドラッグしたり反転したりしないようにしてください。

柔らかいフェルトを使用してプロファイルを補助装置から隔離し、プロファイルと補助装置の間の接触による損傷を最小限に抑えます。

 特にアルミシェルの製造においては、自社の工場力を重視しておりますので、参考にしてください。 私たちの工場

結論:

 

アルミシェルの表面品質を確保するときは、加工工程の細部にもっと注意を払ってください。 各所のディテールやプロ意識が高いレベルであれば、こうした問題は発生しません。

最後に、YONGU ケースは、この業界で 17 年間、アルミニウム ケースの問題に対処する方法を熟知しており、他にも同様の問題がある場合は、お問い合わせください。 ご質問に無料でお答えします。 私たちのウェブサイト:https://yongucase.com/